FC2ブログ
見るだけじゃなくて、運営してみませんか?アダルトサイト運営についてのお役立ち情報などを書いていきます。

あなたの持ってる秘密の情報を書くだけでお金がザクザクと稼げる!

■はじめに~このブログについて■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アダルトサイトを開設するには、当然WEBスペースが必要となります。
しかし、契約しているプロバイダのホームページサービスを利用…というわけにはいきません。
一般的なプロバイダでは『アダルトサイト禁止』とされているのです。

この『アダルトサイト利用禁止』の理由ですが、道徳的な理由…というよりも、むしろサーバーへの負担を考慮した結果であることが多いようです。
アダルトサイトの多くはファイルサイズが大きく、さらに訪問者の数も通常のWEBサイトの比ではないため、これを許可してしまうとサーバーダウンなどのリスクが高い…ということなのです。
その証拠に、iij4u@niftyなど、バックボーンが巨大なサーバーでは、アダルトサイトを許可しないまでも、黙認している状態です。

そのような大きな負担に耐えうるアダルト専用サーバーも存在します。ある程度本格的に運営したいのなら、このような専用サーバーを分譲レンタルすると良いでしょう。『アダルト サーバー』で検索すれば多くの参考資料がヒットします。

ただ、レンタルサーバーの場合、「転送量」の上限が決められている場合がほとんどです。簡単にいうとサイト表示に回数制限があるようなものです。

この転送量制限、パッと見た感じでは十分な量が保証されているように見えますが、画像などが多くレイアウトされているサイトだと、思ったより転送量を喰ってしまい、(月契約のサーバーの場合)月後半にはサイト表示がされなくなってしまった…というケースも多いようです。せっかくアクセスが集まったのに、このようなことになっては泣くに泣けません。
設定された転送量制限が一体どのくらいのなのか?どのようなサイトレイアウトにするのが最適か?どれくらいのアクセスに耐えうるのか?…これを事前によく調べておく必要があります。

サーバー1台をまるごと占有する形であればこれらの問題からはある程度解放されますが(転送量制限は、同じサーバーを使用する他のユーザーへの配慮がメインの設定であるため)、桁違いの額が必要となります。これは、運営するサイトが大ブレイクした後の選択だと思います。


動画を配信したい場合、これらのレンタルサーバーでは対応していないことがほとんどです。これもサーバー負荷の問題からです。
動画配信用のレンタルサーバーなどがありますが、特に大きな負荷に耐えられる仕様のサーバーですので、使用料はかなり高くなっています。動画配信サイトの多くが“儲からない”というのは、この動画配信専用サーバーの利用料の問題です。



無料レンタルサーバーで開設することも可能です。
『アダルト 無料 レンタルサーバー』などで検索すれば、各サーバーの特徴などを比較した一覧など多くの参考資料がヒットします。
ただし、無料レンタルサーバーでアダルトサイトを運営するのはあまりお勧めできません。理由は次の通りです。

○有料サーバーに比べ、サーバーダウンなどのトラブルが多い
○無料であるかわりに広告が表示されるケースが多く、訪問者に敬遠されがち
○大手サイトなどから相互リンクを断られるケースがある


要するに、サーバーが不安定であり、信頼度が低い…ということです。
ハッキリ言って、無料レンタルサーバーで大ヒットサイトを作るのはまず不可能です。

私がデビュー当時に他のアダルトサイトオーナーさんから教わったもので
『トップページのみ有料サーバーを使う』…という方法があります。
月額840円・転送量制限ナシのiij4uを契約し、このホームページスペースを使ってトップページを作ります。
iij4uにはひとつだけ欠点があり、ファイルを5MBまでしか置けません。5MBというと、アダルトサイトでは少々キツイ容量です。なので、トップページから下の階層は無料レンタルサーバーでまかなうのです。

この方法であれば、訪問者に“しっかり運営しているサイト”という印象を与えることができ、さらにトラブルが少ないのでアクセスしてきた訪問者を取り逃がすことがありません。トップページにある程度広告やリンクなどを貼っておけば、万が一無料レンタルサーバー使用のページがダウンしても、収入・アクセスアップなどの結果を残すことが出来ます。


いずれにしても、iij4uは、アダルトサイト運営においてかなり重宝するサーバーです。
このiij4uを使用して5MBの範囲で運営されているサイトも数多くありますが、基本は別のレンタルサーバーを利用し、それとは別にiij4uをバナー置場などで利用しているサイトも多く見かけます。

この「バナー」が意外と盲点なのです。
相互リンクにおいて、多くの場合相手のサイトに自サイトのバナーを登録しますが、その相手サイトが人気サイトであった場合、登録した自サイトのバナーが1日に何万回、何十万回と表示されることになります。それだけで、自分のサーバーの転送量制限を使い果たしてしまう…などというケースもあるのです。


参考までに、私が運営しているサイトは、アダルト専用有料レンタルサーバー使用ですが、iij4uも契約し、画像ファイルの全てはこちらに置くようにしています。画像が増えて容量が足りなくなったら、また別にiij4uを契約して対応しています。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

アダルトサイトと言っても、様々な種類があります。

AVだとか洋モノだとか、そういった“ジャンル”は別として、形態はいくつかに分けられます。

“素人が、少ない、あるいはゼロの初期投資でアダルトサイトを作る”というこのブログをテーマから考えると、ここでは

①コンテンツ系  ②直リンク系  ③リンク集系  ④投稿系

…と分けて問題ないかと思います。


①コンテンツ系は、画像・動画・文章など、独自のコンテンツを所有するサイトを言います。
特にアダルトの分野では“文章”で多くのユーザーを惹き付けることは極めて難しいことですから、ここで言うコンテンツは“画像”、“動画”に絞られるでしょう。

サンプル動画配信サイトや、素人女性のオリジナル画像公開サイトなどがこれにあたります。

利点としては、サイトに大きなウリが出来ること。『独自コンテンツ』はリンク先サイトからの評価が高く、紹介してもらえる可能性が高いことが挙げられます。

欠点は、それらのコンテンツを保管するサーバー費など、投資が必要になるケースがあることです。特に動画は、多くのレンタルサーバーが公開を禁止しています。アクセスが集中し、サーバー自体がダウンすることを恐れるからです。そのため、動画専用のサーバーを使用する、あるいはサーバーを1台まるまる占有する形を取らなければなりませんが、相当な投資が必要となってしまいます。


②直リンク系とは、他のサイトのコンテンツに直接リンクを貼る形でサイトコンテンツに代えているサイトです。
海外サイトのサンプル動画ギャラリーや、画像ギャラリーページへのリンクをコンテンツとするサイトが数多く存在します。
特徴としては、これらのサイトの多くが「無修正・モロ」をウリにしていることです。日本で無修正はNGですが、海外では無修正の動画・画像の公開が禁止されていません。なので、海外の無修正ギャラリーページへのリンクをコンテンツとすることで、「無修正が見られるサイトです!」…とうたいつつ、「でも、ただのリンクなので、違法行為をしているわけではありません!」とやるわけです。

この「直リンク」については、合法・違法…諸説ありますが、結論から言うと現在のところは「グレーゾーン」だそうです。ひょっとすると一斉に取り締まりを受けるリスクはあります。

利点は、コンテンツの調達がしやすいこと。アダルトサイト作成の登竜門として、多くの初心者がこの「直リンク」から入っています。

欠点は、手っとり早いがためにいい加減な直リンクサイトが数多く出現したため、「直リンク」サイトへの評価が総じて低くなってしまったことです。大手サイトでは、直リンクサイトとの相互リンクを受け付けないところも増えています。さきほど説明した法律上のリスクも忘れてはなりません。


③リンク集系は、他のアダルトサイトを紹介することをメインとしたサイトです。アダルトサイトのランキング・検索サイトもこれにあたります。

サイトに訪れた人は、必ず掲載しているリンクを押すわけですから、必然的に相手サイトでのランキングも上がります。それによって、さらに多くの人が訪れるので回転が非常に良くなります。来訪者の一部に掲載してある広告をクリックしてもらうことで収益をあげようというわけです。

そのようなこともあって、一時は「一番稼げるのはリンク集」と言われていましたが、近頃ではそのようなサイトが増えすぎたこともあり、しっかり作り込んだサイトでない限り見向きもされないようです。
ユーザーがブックマークして、アダルトサイト訪問の際の玄関口として利用してくれるようなサイトを作れると理想的です。

利点は、比較的てっとり早く、他のアダルトサイトの様な運営上の心配もないこと。

欠点は、ブレイクするサイトを作るのがかなり難しい状況になっていることでしょう。


④投稿系は、ユーザーや他サイトにコンテンツを提供してもらおうというタイプのサイトです。

様々なユーザー・サイトからの投稿写真・動画をまとめて公開するタイプのものや、掲示板タイプのものなどいくつかの形態があります。近頃は、相互リンクサイトの更新情報を紹介するにあたり、画像や動画を投稿してもらい、それをコンテンツとするサイトも出てきています。ユーザーから見れば“たくさんの画像・動画が見られる”、相互リンクサイトからすれば“自分のサイトを紹介してもらえる”ということでブレイクの可能性が大きいサイトです。

管理の行き届く一般サイトならいいのですが、掲示板系のサイトですと問題あるコンテンツが投稿されてしまう恐れがあります。それによって、運営者が処罰を受けているケースもありますので注意が必要です。

いずれにしても、コンテンツを提供してくれるユーザー・サイトをある程度取り込むことが出来れば成功の可能性が高いタイプということが出来ます。



 | アダつく ~ アダルトサイトをつくろう! | 

■アダルトサーチ&ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。